Charles Eames+Ray Eames(チャールズ・イームズ+レイ・イームズ):RARロッキングアームチェア(FRPアームシェル ワイヤー+ロッキング木脚)をデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【RARロッキングアームチェア(FRPアームシェル ワイヤー+ロッキング木脚)】
Artchair Selection【RARロッキングアームチェア(FRPアームシェル ワイヤー+ロッキング木脚)】
----------------------------------------------
■価格:23,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
定番品は毎月入荷
ピュアホワイトマット仕上げ+ウォルナット材在庫切れ。

その他は受注生産品。
ご注文前に在庫をお問い合わせ下さい。
商品情報
■サイズ:W630×D690×H660 SH395
梱包重量:12.0kg、1梱包
■デザイナー:チャールズ・イームズ+レイ・イームズ
(Charles Eames+Ray Eames)
■仕様:
【背座】FRPファイバーグラスウレタン塗装仕上げでテカリのないmatt(マット仕上げ)と光沢のあるgloss(グロス仕上げ)があります。
【フレーム】ステンレスロッド
【脚】各種木材(無垢材)
*ホワイトオーク材とウォールナット材はオイルフィニッシュ仕上げ。メープル材はウレタン塗装仕上げ。(どちらも見た目の艶感はありません。)
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:RARロッキングアームチェア(Rocking Arm Chair Rod)はチャールズ・イームズ+レイ・イームズが1950年に発表したものです。チャールズ・イームズ+レイ・イームズはニューヨーク近代美術館主催の「ローコスト家具のデザイン」国際コンペティションに応募しました。このコンペの審査員たちは金属板から椅子類を作ることが大量生産方法として見込みがあり、これは自動車産業にも役立つものと考えていました。そのため、チャールズ・イームズ+レイ・イームズのシェルチェアシリーズは第2席となってしまいました。計画された入賞作品では大量生産のための現実的なプロダクトを示すように求められ、展示の1950年3月までに様々な研究と試作が繰り返されました。最終的にはクライスラー社によって開発された衝撃吸収部材取り付けの特許製法でシェルを変えることなしに異なる脚を取り付けることができました。このことによってRARロッキングアームチェアをはじめとするシェルシリーズに多数のバリエーションが誕生しました。RARロッキングアームチェアは肘付きシェルで、脚がスチールと木脚ロッキングの組み合わせによる人気モデルです。
脚の木材
メープル ホワイトオーク ウォルナット
メープル ホワイトオーク ウォルナット
シェル色
FRPは全部13色
ブラック ピュアホワイト オフホワイト レッド グリーン イエロー
ブラック ピュアホワイト オフホワイト レッド グリーン イエロー
ブラウン オレンジ パールブルー パールグリーン ピンク ワームグレイ
ブラウン オレンジ パールブルー パールグリーン ピンク ワームグレイ
ストロングピンク
ストロングピンク
商品写真
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの正面(ピュアホワイト+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの正面(ピュアホワイト+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの前方(ピュアホワイト+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの前方(ピュアホワイト+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの側面(ピュアホワイト+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの側面(ピュアホワイト+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの後ろ(ピュアホワイト+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの後ろ(ピュアホワイト+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの後方(ピュアホワイト+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの後方(ピュアホワイト+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの脚のディテール(ピュアホワイト+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの脚のディテール(ピュアホワイト+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの座面裏のディテール(ピュアホワイト+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの座面裏のディテール(ピュアホワイト+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェア
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェア
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの前方(グリーン+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの前方(グリーン+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの前方(ブラウン+ウォルナット)
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェアの前方(ブラウン+ウォルナット)
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェア
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェア
チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェア
▲チャールズ・イームズ+レイ・イームズがデザインしたRARロッキングアームチェア
Charles Eames (チャールズ・イームズ)
Charles Eames (チャールズ・イームズ)
Charles Eames (チャールズ・イームズ) 1907年〜1978年
1925-28年チャールズ・イームズはワシントン大学で建築を学び、1930年にチャールズ・M・グレイと共に建築設計事務所を設立し、後にウォルター・E・ポーリーが加わりました。1935年にはロバート・T・ウォルシュと設計事務所を興し、アーカンソー州ヘレナでセント・メアリー教会堂の計画をしました。1937年にエーロ・サーリネンとコンタクトを取り、エーロ・サーリネンの父、エリエル・サーリネンの助けを受けてミシガン州のクランブリック美術アカデミーで奨学金を受け、1939年にはクランブリック美術アカデミーでデザインを教えました。1940年にはエーロ・サーリネンと共にニューヨーク近代美術館の建築競技「住宅装備における有機的デザイン」で第一席を受賞し、1941年にはレイ・カイザー(後のレイ・イームズ)と結婚しました。1941年-43年、エヴァンズ社の協力で成形合板の担架と脚の添木をデザインしました。1946年ニューヨーク近代美術館で成形合板の実験を展示し、イームズのデザインの家具がハーマン・ミラー社から販売されました。1948年、ニューヨーク美術館の設計競技「ローコスト家具のデザイン」に参加ました。1949年にはケース・スタディ・ハウス・NO.8を建設し、この頃から写真、映画製作など幅広く活動し始めました。1964-65年、ニューヨーク世界博のIBM館を設計し、1969年パリ装飾美術館で「デザインとは何だ?」に参加し、1973年にはニューヨーク近代美術家にて「チャールズ・イームズの家具展」が行われました。チャールズ・イームズとレイ・イームズは20世紀最大のプロダクトデザイナーであり、チャールズは技術的・材料的・生産性の面からデザイン的アプローチを行い、レイ・イームズは空間的・美的な観点をより重視しデザインしました。二人は幅広い分野のデザインを構造的、機能的、心理的、知的、文化的な関連性を見出しました。オーガニック・デザインの第一人者として生活の質、人間の近く、理解、知識を向上させるため、現代デザインを活用して実践し立証しました。
トップへ戻る  前へ戻る