George Nelson(ジョージ・ネルソン):ココナッツチェアをデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【ココナッツチェア】
Artchair Selection【ココナッツチェア】
ファブリック
セミアニリン革
----------------------------------------------
■価格:67,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
----------------------------------------------
■価格:87,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
商品情報
■サイズ:W1050×D835×H840
梱包重量:19.0kg、1梱包
■デザイナー:ジョージ・ネルソン
(George Nelson)
■仕様:
【フレーム】FRPグロスホワイト
【背座】ファブリックか本革(イタリア製)からお選び下さい。
*B201・B202・B203・B204・B208の生地組成:20%PL(ポリエステル)、28%CO(コットン)、52%ACY(アクリル)でギンガムチェックも特徴的で、和洋どちらにもコーディネイト可能
*T501〜T512の生地組成:85%WOOL(ウール) 15%Nylon(ナイロン)で北欧を連想させるような落ち着きのある風合い
*R001〜R010の生地組成:63%CO(コットン) 37%Linen(リネン)でリネン特有のさらりとした触感をもった高級感のある仕上り
*C101〜C107の生地組成:100%CO(コットン)で優しい手触りが特徴の欧州スタンダードなファブリック
【背もたれのクッションと座面のクッションの内部】高密度ウレタンフォーム、ダクロン(人工綿)
【脚】ステンレススチール
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:1955年に意図的に気軽な座り方をもたらす象徴的な椅子「ココナッツチェア」(Coconut Chair)を発表しました。1960年代はのびのびとした大衆文化が生まれ、それを暗示する代表的な椅子がココナッツチェアと言えるでしょう。ジョージ・ネルソンは砕かれたココナッツの殻からインスピレーションを得て、ココナッツチェアをデザインしました。シャープなワイヤーの脚に曲面を持った独特な三角形の椅子は見るものに強烈なインパクトを与えてくれます。三角形の背座はちょうど手をおけるアームも兼ね備えています。シェルはココナッツのように見え、クッション材を革で包んでいます。また構造的にはFRPを使ってシェルを製造し、そこにネジを切った脚を取り付け交差状のクロスバーもネジを埋め込み、安定性を十分に確保しています。座面部分に対して脚には細いパイプを使用することで視覚的にココナッツチェアが浮遊しているかのように表現しています。ココナッツチェアはシンボリックなデザインなのですが、実際には座り心地が抜群で非常に快適なラウンジチェアです。
張地色
ファブリックは全部で29色
織物系生地 B201 黒色+薄灰色 織物系生地 B202 茶色+薄灰色 織物系生地 B203 緑色+薄灰色 織物系生地 B204 赤色+薄灰色 織物系生地 B206 灰色+薄灰色 織物系生地 B208 濃牡丹色
織物系生地
B201
黒色+薄灰色
織物系生地
B202
茶色+薄灰色
織物系生地
B203
緑色+薄灰色
織物系生地
B204
赤色+薄灰色
織物系生地
B206
灰色+薄灰色
織物系生地
B208
濃牡丹色
単色系生地 T501 red 単色系生地 T502 black 単色系生地 T505 grey 単色系生地 T506 light grey 単色系生地 T507 burgundy 単色系生地 T508 light blue
単色生地
T501
red
単色生地
T502
black
単色生地
T505
grey
単色生地
T506
light grey
単色生地
T507
burgundy
単色生地
T508
light blue
単色系生地 T509 dark green 単色系生地 T512 dark orange
単色生地
T509
dark green
単色生地
T512
dark orange
リネン生地 R001 ホワイト リネン生地 R002 ライトグレイ リネン生地 R003 ミディアムグレイ リネン生地 R004 ダークグレイ リネン生地 R005 ライトブラウン リネン生地 R006 ライトブルー
リネン生地
R001
ホワイト
リネン生地
R002
ライトグレイ
リネン生地
R003
ミディアムグレイ
リネン生地
R004
ダークグレイ
リネン生地
R005
ライトブラウン
リネン生地
R006
ライトブルー
リネン生地 R007 グレイグリーン リネン生地 R008 レッド リネン生地 R010 イエロー
リネン生地
R007
グレイグリーン
リネン生地
R008
レッド
リネン生地
R010
イエロー
コットン生地 C101 クリームホワイト コットン生地 C102 ライトグレイ コットン生地 C103 ミディアムグレイ コットン生地 C104 ダークグレイ コットン生地 C106 ダークブラウン コットン生地 C107 ダークブルー
コットン生地
C101
クリームホワイト
コットン生地
C102
ライトグレイ
コットン生地
C103
ミディアムグレイ
コットン生地
C104
ダークグレイ
コットン生地
C106
ダークブラウン
コットン生地
C107
ダークブルー
-----------------------------------------------------------------------------------
セミアニリン革は全部で7色(表面張革色)
セミアニリン革
・セミアニリン仕上げ・・・顔料、染料を併用し表面を均一に仕上げています。
・一般的に家庭用皮革に多く使われています。
・耐久性に優れ、肌触りがよく、とても柔らかいレザーです。
ML001 ブラック ML002 ホワイト ML003 レッド ML004 ベージュ ML005 ブラウン ML007 ピュアホワイト
セミアニリン革
ML001
ブラック
セミアニリン革
ML002
ホワイト
セミアニリン革
ML003
レッド
セミアニリン革
ML004
ベージュ
セミアニリン革
ML005
ブラウン
セミアニリン革
ML007
ピュアホワイト
ML025 ダークブラウン
セミアニリン革
ML025
ダークブラウン
商品写真
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの正面
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの正面
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの前方
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの前方
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの側面
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの側面
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの後ろ
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの後ろ
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの座面のディテール
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの座面のディテール
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの座面のディテール
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの座面のディテール
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの座面裏のディテール
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの座面裏のディテール
ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの脚のディテール
▲ジョージ・ネルソンがデザインしたココナッツチェアの脚のディテール
George Nelson (ジョージ・ネルソン)
George Nelson (ジョージ・ネルソン)
George Nelson (ジョージ・ネルソン) 1867年〜1959年
1931年ジョージ・ネルソンはイェール大学から建築の学位を得て、1932-34年、ローマのアメリカン・アカデミーで学びます。1936-41年にウィリアム・ハンビーと建築事務所を開くと共に1935-44年は雑誌「アークテクチュラル・フォーラム」の編集長も務めました。1945年には「明日の住宅」を出版し自身の建築及びインダストリアルデザインの事務所を興しました。棚の「ベーシック・ストレージ・コンポーネント」をデザインし、1946-66年ハーマン・ミラー社のデザインディレクターに就任しました。ハーマン・ミラー社のために当時ほとんど無名だったチャールズ・イームズ、イサム・ノグチ、アレグザンダー・ジラードらの能力を見極めて抜擢したプロデューサーとしての先見性にも長けた人でした。1953年には「チェアーズ」を出版、1957年には 「デザインの諸問題」など書物を通して次々に彼の理論的な提言を発表しました。1958年にはハーマン・ミラー社のために「コンプリヘンシヴ・ストレージ・システム」をデザインしました。1964年にはニューヨーク万博博覧会でいくつかのパビリオンを設計し、1968年には「エディター」というタイプライターを発表しました。1977年には「ハウ・ツー・シー」を出版しました。ジョージ・ネルソンはアメリカを代表する建築家であり、評論家であり、インダストリアルデザイナー、あらゆる芸術におけるキーマンとして高く評価されています。
トップへ戻る  前へ戻る