Borge Morgensen(ボーゲ・モーエンセン):ハンティングチェアをデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【ハンティングチェア】
Artchair Selection【ハンティングチェア】
----------------------------------------------
■価格:254,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
商品情報
■サイズ:W710×D890×H680 SH290
梱包重量:-kg、1梱包
■デザイナー:ボーゲ・モーエンセン
(Borge Morgensen)
■仕様:
【フレーム・脚】ウォルナット材(無垢材)
*オイルフィニッシュ仕上げ。
【背・座】サドルレザー(植物タンニン剤を使って鞣された、ヌメ革に芯まで油脂を加えた多脂で厚い牛革)
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:ハンティングチェア(Chieftan Chair)は1950年に発表された椅子ですが、当時の技術では対応できずに幻のチェアと言われていました。有機的で大胆なフォルムと野生的な力強さを感じる椅子です。座を支えるフレームが後脚を兼ねた独特のデザインで低い座高は安楽性も抜群です。背や座面には一枚革が使用されており、緩んできた際に座面裏のベルトで調整できるようになっています。サドルレザーは耐久性のある厚手の牛革で使い込んでいくうちに出てくる素材感をお楽しみいただけます。
商品写真
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの前方
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの前方
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの正面
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの正面
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの側面
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの側面
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの後方
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアの後方
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェア
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェア
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアのディテール
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアのディテール
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアのディテール
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたJ39チェアの背もたれ(ホワイトオーク)
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアのディテール
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアのディテール
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアのディテール
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたハンティングチェアのディテール
Borge Morgensen (ボーゲ・モーエンセン)
Borge Morgensen (ボーゲ・モーエンセン)
Borge Morgensen (ボーゲ・モーエンセン) 1914年〜1972年
ボーゲ・モーエンセンは1936-38年コペンハーゲンの工芸学校で学び、1938-41年までコペンハーゲンのデンマーク王立芸術アカデミーの家具学部でコーア・クリントに師事し、戦後2年間はクリントの助手となりました。1939年からは毎年作品をコペンハーゲンの家具メーカーズ・ギルトに展示し、1942-50年までデンマーク協同組合協会の家具デザイン部の部長を務めました。その後、自分のスタジオを設立し、ソボルド家具工場、フレデリカ工場、カール・アンデルソン&セナーの家具をデザインしました。ボーゲ・モーエンセンの家具デザインへのアプローチは「No.1789ソファ」(1945年)、「スパニッシュチェア」(1959年)、「アッセルボチェア」(1964年)にもよく表れているように、伝統的な型の再加工でした。モーエンセンはまたクリントの例をならって人間工学研究に着手し、その結果、グレテ・メイヤーと共同制作した「オレスンド家具システム」を誕生させました。1953年からC.オレセンの室内備品用布地をリス・アールマンと共同デザインしました。デザインもつくりも優れたモーエンセンの家具は、天然素材の使用、質の高い構造、歴史的に成功したフォルムの再解釈がみられるなど、デンマークのデザインの典型です。
トップへ戻る  前へ戻る