Borge Morgensen(ボーゲ・モーエンセン):C18ダイニングテーブルW1600をデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
Artchair Selection 【C18ダイニングテーブルW1600】
Artchair Selection【C18ダイニングテーブルW1600】
ビーチ材
アッシュ材
----------------------------------------------
■価格:68,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
----------------------------------------------
■価格:91,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
定番品は毎月入荷
在庫あり。
ご注文前に在庫をお問い合わせ下さい。
ホワイトオーク材
ウォルナット材
----------------------------------------------
■価格:98,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
この商品は受注生産品につき、納期はご予約後3〜4ヶ月
----------------------------------------------
■価格:138,800円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
定番品は毎月入荷
在庫あり。
ご注文前に在庫をお問い合わせ下さい。
商品情報
■サイズ:W1600×D850×H720
梱包重量:-kg、1梱包
■デザイナー:ボーゲ・モーエンセン
(Borge Morgensen)
■仕様:
【天板・脚】各種木材(無垢材)
*ホワイトオーク材とウォールナット材はオイルフィニッシュ仕上げ。その他の木材はウレタン塗装仕上げ。(どちらも見た目の艶感はありません。)
【輸入会社】E-COMFORT(イー・コンフォート)---製造元:中国
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合はE-COMFORT(イー・コンフォート)が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:デンマーク近代家具デザインの父、コーア・クリントの「生活により美しい日用品を」という思想に大きな影響を受けたボーゲ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していた時にリ・デザインしたのが、C18ダイニングテーブルです。第二次世界大戦の影響で生活の苦しかった1947年に、C18ダイニングテーブルは誕生しました。そのため、装飾を排した簡素で安価、そしてコンパクトで機能性の高さから多くの人々に指示されました。シェーカー家具を踏襲したH型の脚は、天板の端ではなく中央寄りに付いており、椅子を複数配置しても邪魔になりません。
木材
ビーチ アッシュ ホワイトオーク ウォルナット
ビーチ アッシュ ホワイトオーク ウォルナット
商品写真
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1400
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1400
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600のディテール
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600のディテール
ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600のディテール
▲ボーゲ・モーエンセンがデザインしたC18ダイニングテーブルW1600のディテール
Borge Morgensen (ボーゲ・モーエンセン)
Borge Morgensen (ボーゲ・モーエンセン)
Borge Morgensen (ボーゲ・モーエンセン) 1914年〜1972年
ボーゲ・モーエンセンは1936-38年コペンハーゲンの工芸学校で学び、1938-41年までコペンハーゲンのデンマーク王立芸術アカデミーの家具学部でコーア・クリントに師事し、戦後2年間はクリントの助手となりました。1939年からは毎年作品をコペンハーゲンの家具メーカーズ・ギルトに展示し、1942-50年までデンマーク協同組合協会の家具デザイン部の部長を務めました。その後、自分のスタジオを設立し、ソボルド家具工場、フレデリカ工場、カール・アンデルソン&セナーの家具をデザインしました。ボーゲ・モーエンセンの家具デザインへのアプローチは「No.1789ソファ」(1945年)、「スパニッシュチェア」(1959年)、「アッセルボチェア」(1964年)にもよく表れているように、伝統的な型の再加工でした。モーエンセンはまたクリントの例をならって人間工学研究に着手し、その結果、グレテ・メイヤーと共同制作した「オレスンド家具システム」を誕生させました。1953年からC.オレセンの室内備品用布地をリス・アールマンと共同デザインしました。デザインもつくりも優れたモーエンセンの家具は、天然素材の使用、質の高い構造、歴史的に成功したフォルムの再解釈がみられるなど、デンマークのデザインの典型です。
トップへ戻る  前へ戻る