Arne Jacobsen (アルネ・ヤコブセン):エッグチェア(イタリア製)をデザイナーズ家具専門店のArtchair(アートチェア)では格安かつ送料無料にて販売しています。
Artchair
エッグチェア(イタリア製)
エッグチェア(イタリア製)
----------------------------------------------
■価格:522,720円(消費税込)
----------------------------------------------
■個数(必須)
----------------------------------------------
■色(必須)
----------------------------------------------
■送料:サービス
*沖縄・離島は別途必要
----------------------------------------------
受注生産品ですので納期は3ヶ月程度。
商品情報
■サイズ:W850×D800×H1070 ■デザイナー:アルネ・ヤコブセン
(Arne Jacobsen)
■仕様:
【表面張革】アニリンレザー---イタリア製
【脚】アルミ磨き仕上げ---イタリア製
■メーカー:イタリアのSteelline社---イタリア
【保証について】通常の使用により機能を有さなくなったと判断される破損や破壊の場合は輸入会社が1年間保証致します。尚、ご使用における細かい傷、洗剤やクリーナーなどを使用したことによる変色、直射日光や使用期間など時間経過による変色・磨耗・劣化などは保証の対象外です。
*この商品はライセンスフリーとなったため海外で製造しているジェネリック品です。
■説明:アルネ・ヤコブセンが、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにエッグチェアをデザインしました。このオーガニックなフォルムをもつ家具は、それ以降世界中でデンマーク家具デザインの代名詞として定着しました。エッグチェアはその独特のフォルムによって、パブリックスペースにあっても、まるで身体が包み込まれるような安心感とプライバシーを与えてくれます。エッグチェアはスツールとあわせて使うこともでき、住宅のみならずラウンジやロビーにも最適です。※当該商品は、オリジナルと同様ロッキング機能付きです。
張地色
アニリン革は全部で12色(表面張革色)
アニリン革
・アニリン仕上げ・・・牛皮の乳頭層(銀面)を残して、アリニン加工を施し、型押しせずに仕上げた最高級レザー。銀付き革とも言われます。
・一般的に家具には使用しない最高級品です。
・染色に加えて、ごく薄くウレタン塗装を施し、自然な風合いを損ねない最低限のコーティングで、艶、しなやかさが特徴。
antracite arancio beige black blue brown
アニリン革
antracite
アニリン革
arancio
アニリン革
beige
アニリン革
black
アニリン革
blue
アニリン革
brown
cognac dark brown fumo nocciola red white
アニリン革
cognac
アニリン革
dark brown
アニリン革
fumo
アニリン革
nocciola
アニリン革
red
アニリン革
white
Arne Jacobsen (アルネ・ヤコブセン)
Arne Jacobsen (アルネ・ヤコブセン)
Arne Jacobsen (アルネ・ヤコブセン) 1902年〜1971年
1902年にデンマーク、コペンハーゲンで貿易商の家に生まれました。1924年にデンマーク王立芸術アカデミーに入学し、のちに同校で教鞭も執ったデンマークを代表する建築家です。学生時代に早くも頭角を現し、1925年パリ「国際装飾美術展」に出品した椅子でシルバーメダルを受賞しました。1927-29年までポール・ホルソーの建築設計事務所に勤務し、その後、自らの設計事務所を設立してからは建築家及びインテリアデザイナーとして活動をしました。初期のデザインにおいてはル・コルビュジエ、グンナー・アスプルンド、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエなどのモダンムーブメントのデザイナーの影響を強く受けました。アルネ・ヤコブセンはモダンムーブメントをデンマークで取り入れた最初のデザイナーのひとりで、その代表作は1929年に設計した「未来の家」などです。1930-34年にはコペンハーゲンのベラ・ヴィスタ公共住宅団地プロジェクト、ゲザムトクンストヴェルクとして考案されたオルドルップ機能主義「ローゼンボリ邸」を手掛けました。一方でインダストリアルデザイナーとしてフリッツ・ハンセン社と「アントチェア」(1951-52年)、「セブンチェア」(1955年)など商業的にも成功を収めました。1956-60年に設計したSASエア・ターミナルとコペンハーゲンのロイヤルホテルでは、建築からスワンチェアとエッグチェアなど彫刻的な家具調度品、照明器具、灰皿、食卓刃物類に至るまでトータルにデザインを行いました。1960年代にはオックスフォードのセント・キャサリン・カレッジの建築計画を行い、また1956-65年までコペンハーゲンの応用美術学校で名誉教授を務めました。アルネ・ヤコブセンは彫刻的で有機的なフォルムとスカンジナビアのデザインの伝統の特質、すなわち材料と構造の一貫性を結びつけて、時を越えた魅力を持つ、シンプルかつ優雅で機能的なデザインを数多く生み出しました。ヤコブセンの作品は現在も世界中の人々が愛用して止みません。生産可能な新しい素材と技術を用い、デーニッシュデザインの新境地を開拓しました。
トップへ戻る  前へ戻る